水道修理 いざというときに慌てないための対策

トラブルが起きたときに、ほとんどの人がパニックを起こしてしまいます。蛇口から水が噴き出すようなトラブルにも冷静に対処することができれば、そのあとのこともしっかりと対応することができるようになります。どのような方法があるのでしょうか。

■水道修理を依頼する前に自分でできることを決めておくこと

水道のトラブルというものはいつ、どこが壊れるのかわからないものです。トラブルは築年数が長い物件ほど発生する確率は高くなります。いざというときに慌てないために、あらかじめ自分でできることを決めておくことである程度の対処が可能になってきます。
水道の蛇口が勢いよく噴き出している場合など緊急性が高いものは、まず水道の元栓を止めることで対処することが可能です。水道には必ず元栓が設置されていますし、場所にも水道の開閉栓が設置されています。勢いよく水が噴き出している場合は開閉栓を絞めてあげるだけで簡単に止めることができます。事前に開閉栓がどこにあるのか、どちらに回せばよいのか、使用する工具は何が必要なのか、これらのことをあらかじめ決めておくことで、対処することができるようになります。
給水管や機材から少しずつ雫がしたたり落ちている場合は、急ぐ必要はありません。このような場合は何社か見積もりを依頼することで落ち着いて修理を依頼することができるようになります。

■修理をするときにどこまで修理が必要なのかを把握しておくこと

修理を依頼するときに確認しておきたいのが見積もりの範囲がどの程度のことを指しているのかを確認することです。修理の範囲を知っておくことで、見積もりと違った工事をされるなどのトラブルを避けることができます。
修理の時に多いトラブルは、業者の提示した見積もりと依頼をした側との認識がズレていることが多いです。このようなトラブルを回避するためにはしっかりと確認を取っておくことが必要です。

■まとめ
水の修理を依頼する前にある程度は、自分でできる範囲を決めておくことで素早く対処することができます。普段からしっかりと準備をしておくことでいざというときに慌てずに対処ができますし、無用なトラブルを抱えずに済むことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ